前へ
次へ

薬の副作用があると感じたら薬剤師のプロフェッショナル

どんな薬であっても、副作用のリスクが潜んでいます。薬剤師は薬のプロフェッショナルですし、何でも相談することが出来ます。薬が身体に合わないこともありますし、常に相談出来る体制が整っていることがベストです。子どもも安心です。最近は、医薬分業によって調剤薬局の数が増えています。患者と薬剤師が話し合う時間が設けられていますし、疑問や質問はその際に尋ねると良いのではないでしょうか。説明書も分かり易いですし、自分が飲んでいるお薬を深く知ることが出来るのではないでしょうか。高齢者は薬の飲み忘れや誤飲が多いですし、それによって命を落とすことがあります。あまりに理不尽ですし、それを防ぐには薬剤師との密な連携が一番だと言われています。インフルエンザでもある程度の知識を得ることが出来ますが、やはり顔を付き合わせて話すことで、伝わることがあるのではないでしょうか。患者の顔色や症状で体調を把握して、病気の早期発見と治療に繋げることが重要です。長寿社会、そして素晴らしい国作りへの一歩です。

Page Top